伊丹市で妊産婦骨盤矯正をするならイルカ先生にお任せ下さい

伊丹 骨盤矯正 整体 | はり きゅう 整体 しゅん

ブログ

危険がいっぱい!!

投稿日:

おはようございます。今朝も少し肌寒いですね。

タイトルを見てどんなことを想像されましたか?

 

何が【危険がいっぱい】かというと、

昨日の患者様(70代男性)、「ゴルフを以前からしていて、10年ほど前から急に右ひざが痛くなり、それ以来、ずっと痛みがあり、歩きにくいから」という事で、奥様のご紹介で御来院されました。(一般の方が見ても分かるくらい庇った歩き方をしていました)

これまで整形外科での治療(ヒアルロン酸注射など)を定期的に受けてはいるものの、全く良くならないどころか、歩きにくさが増しているような気がするとのことでした。(あくまでも個人の感想です)

そこで、詳しく痛めたきっかけを伺うと、10年前にゴルフ仲間(プロではありません)から、ゴルフのスイングのアドバイスを受けて、それを練習していたら痛くなったとのことでした。

で、どんなスイングをアドバイスされたかというと、

「右ひざは地面に固定するように【】を入れて、膝が動かんよう・ひねらんようにするんや。」

これを聞いた瞬間に「プロの方に教えていただいたんですか?」と思わず聞いてしましました。

治療家ならすぐに、ゴルフ経験がなくても【してはいけない事】だとわかります。

膝は本来、屈伸(曲げ伸ばし)にしか対応していません。ひねる動作はすごく負担のかかる動きになります。

ただ、ゴルフに限らず、ほかのスポーツや日常生活でも少なからず、膝のひねりは加わります。

それでも何故傷めないかというと、無意識に膝への負担の少なくなる動きをとっているからです。

しかし、今回は意識的にひねりに抵抗するように膝を【】のようにして。少しのひねりさえも取れないようにした事によって。スイングの衝撃がダイレクトに、何度も膝に加わり、痛めてしまったのです。

膝が痛くなると、痛くないよう庇って【がに股】で歩くようになり、それが習慣化され、変な歩き方になってしまいました(奥様が言うにはペンギンのような歩き方🐧)

膝・太もも・足首・股関節・腰を中心に触っていき、

施術後は痛みも大分ましになり、ペンギン歩きではなくなっていました。(ただ10年物の膝なので最初は1週間、痛みがなければ、上出来ですとお伝えして、次回のご予約を頂きました)

と、そこで、なにが【危険】かというと。

 

【素人のアドバイス】

理論がなく、感覚で教えてしまうので、

実際ご自身でされていることと、他人に伝えていることが違うことが多々あります。

おそらく、今回の患者様のご友人は、、スイングの際、足に力を入れてはいるものの、膝は捻じれるようにはしていたはずです。

でないと、確実にご友人が先に膝を痛めています。(膝の構造を考えれば・・・)

なので、ゴルフに限らず、ほかのスポーツ。ましてやご自身の大事なお体を素人に預けるのではなく。

理論と技術を持った人にお任せした方がいいですよ】というお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ブログ
-, ,

Copyright© 伊丹 骨盤矯正 整体 | はり きゅう 整体 しゅん , 2019 AllRights Reserved.