伊丹市で妊産婦骨盤矯正をするならイルカ先生にお任せ下さい

伊丹 骨盤矯正 整体 | はり きゅう 整体 しゅん

ブログ

不妊症や生理痛の原因は低い体温が原因。基礎体温36℃ありますか?

投稿日:

こんにちははりきゅう整体しゅん 院長の笠 富俊(りゅう ふうしゅん)です。

不妊症や生理痛でお困りの方(東洋医学の見立てのご紹介)

西洋医学の不妊症に対する知識は、相当ご自身で調べていらっしゃると思います。

 

あえて申しあげるなら

 

体温36℃以下の方は要注意。

低い体温が体の強さを妨げ、

自分の体を守るため、生理時に痛みを発し(疼痛は体からの危険サイン)

妊娠により母体の体が衰弱するのを防ぐため、結果不妊となります

 

 

東洋医学に診る婦人科疾患治療(不妊症・生理痛など)

腎(下腹部)の冷えが大きな原因です。

腎は西洋医学でいう腎臓とは少し違った概念で

「腎」は先天の精と言われていて。

 

先天の精とは

生まれ持った個体の

限りあるエネルギーみたいなものと想像してください。

そのエネルギーを消費して人は成長し、

また、

減ってくると老いていくのです。

そして、その先天の精が尽きると「死」を迎えるのです

 

なぜ、腎(先天の精)が冷えると不妊症や生理痛になるかというと

まずご理解いただきたいのは

「腎」と「子宮」は密接な関わりがあるからです。

上でも書いたように

腎は先天の精と言われ

父親と母親から受け継いだものになります。

子宮の中で胎児は成長していきますよね。

すなわち

子宮で先天の精を受け継ぐわけです

 

 

腎と子宮の関係、お分かりいただけましたか?

 

ここで本題です。

 

子宮や腎が冷えるとなぜよくないか?

部屋にエアコンがあると想像してみてください

部屋が冷えてくると(寒くなると)

エアコンは室温を上げようと

一定の温度を保とうとしますよね、

その時に消費するのが電気です

寒ければ寒いほど、より多くの電気を消費します。

 

部屋=子宮

電気=先天の精・腎

という風に置き換えることができます(実際の電気は日々作られているので限度はありませんが)

 

限りある先天の精が

子宮を温めることどで

生命の字に必死となり

着床の妨げをしているのです。

 

なんとなく子宮が冷えたらいけないとご理解いただけましたか?

 

 

 

子宮を冷やさない方法はたくさんあります

例えば

腹巻をまく

カイロをお腹に貼る

薄着をしないなど

でも温める方法って考えつきますか?

「カイロをお腹に貼る」は一見温めているように思いますが、あくまでも皮膚を温めて冷えないようにする方法の1つです。

根本の冷えを取り除き、

尚且つ

温める方法として有効なのが

お灸で温めるです

 

ただ、せんねん灸や鍼灸院などで使われている従来のお灸では、

そこまで温めることはできません。

 

というのも、

熱さが足らないや、

熱すぎるといった

事が多く見受けられるからです。

 

 

実際、当院の患者さまも、以前はせんねん灸や、鍼灸院で使われている従来のお灸を試していたそうですが、

全然温かくなかったり、

または、

熱すぎて途中でお灸を取ってもらっていたりしていたそうです。

そこで当院で使用している

あいあい灸(艾艾貼)

をお勧めしました。

 

 

あいあい灸体験会した後に体温を測ればなんと

生理痛と低体温でお困りだった30代(元々は35℃台前半)

(この写真は1クールの最後から2番目の日です)

35.6℃

  ↓   

36.0℃

 

 

この治療を毎週1回3ヶ月続けて頂いたら、常に

36.0℃

以上をキープする様になりました。

生理痛も無くなり、質の良い睡眠がとれるようになったと言っています。

 

子宮が温かくなり、良い睡眠がとれるとストレスも減り、自律神経の乱れも改善され。

妊娠のしやすいお体のなれますよ。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

はりきゅう整体しゅん

院長 笠 富俊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ブログ
-

Copyright© 伊丹 骨盤矯正 整体 | はり きゅう 整体 しゅん , 2019 AllRights Reserved.