伊丹市で妊産婦骨盤矯正をするならイルカ先生にお任せ下さい

伊丹 骨盤矯正 整体 | はり きゅう 整体 しゅん

ブログ

頻尿、おしっこ(尿)が近い、おしっこ(尿)の回数が多い、原因が分かればツボも決まる

更新日:

頻尿、おしっこ(尿)が近い、おしっこ(尿)の回数が多い方に必見

 

トイレが近い、おしっこが近いだけでなく、尿漏れ、残尿感のお悩みの相談を受けることがあります。

当院ではお灸を使用して、頻尿改善をお手伝いしています


 

最近では、

女性や高齢者だけでなく、若い男性にも、頻尿が多く見られるようになってきました。

1日の尿(おしっこ)の回数が8回以上(朝起きてから寝るまでの間)、

夜間就寝時のトイレの回数が2回以上の事を頻尿といいます。

この状態が続くと日常生活にも、支障がでて困ってしまいますよね。

 

 

主な頻尿となる原因は以下の通りとなります

① 過活動膀胱

② 残尿

③ 膀胱炎や前立腺炎

④ 心因性(精神的なストレス)

重篤な病を抱えている可能性がある為、

ご自身がどの頻尿に当てはまるかは泌尿器科の受診をお勧めいたします。

特に大きな問題がなければ、

投薬治療を勧められるか、膀胱訓練の指導をうけるでしょう(尿意があっても我慢する訓練)

 

お灸が特に効果を発揮するのが、上記③以外のものになります


 

では、本題に入ります

頻尿、尿漏れ、残尿、夜尿症など尿トラブルに効くツボ

主に使うツボは3つです

① 神闕(しんけつ)

② 関元(かんげん)

③ 腎兪(じんゆ)左右あります

 

上記の3か所のツボは体の冷えを取り除き(特に腹部・下腹部・膀胱・子宮・腎臓

体内を温めてくれます。

 

東洋医学の考えでは。

頻尿に限らず、

体内の不調は冷えが原因とされているものが多く存在します

どこが?どのように冷えているのかによって、

360個以上あるツボの中から、

使用されるツボが変わってきます

おへそのど真ん中

関元(おへその下、自分の指4本分)

 

 腎兪

 

神闕・関元・腎兪の3つは

全ての頻尿に効果を発揮します

頻尿だけでなく、生理痛や、不妊症にも効果をだす、優れものです

お灸で温めることで、過敏になった尿意を脳に伝える神経を鎮め

頻尿を防ぐことができるようになるのです。


心因的負の頻尿スパイラル

日中の頻尿は、仕事の効率を下げ、頻繁にトイレに行くことで、周りの人に迷惑と思い

水分摂取を控えるようにしますが

尿意は発生します。

また、迷惑をかけてはいけないと【ストレス】を感じ水分摂取を控え
さらに、心因的頻尿を起こす悪循環に陥ってしまいます

その結果

脱水となり

集中力の低下

めまいや吐き気といった症状が発症するリスクが高まり

仕事への意識が低下してしまいます。

そのストレスが原因で更に尿意を感じ

頻尿地獄に陥ってしまいます。


 

そんな頻尿は早く治してしまいましょう。

自由に水分を取り、尿意の心配をすることなく

質の高い睡眠をとり

疲れの残さない日常を送れるようにしましょう。

 


 

安全に使用できる方法を丁寧にご指導させていただきます。

遠方の方には、郵送にて販売も致しております。

詳しくはあいあい灸ホームページをご参照ください

https://peraichi.com/landing_pages/view/aiaikyu-onkyu

当ブログを見られたかたには、更にお得な料金で販売いたします

ご連絡お待ちしています

0727861128

aiaikyu.ryu@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ブログ
-

Copyright© 伊丹 骨盤矯正 整体 | はり きゅう 整体 しゅん , 2019 AllRights Reserved.